何ができるの?教えて!社会保険労務士の仕事

保険の加入手続きをします

社会保険労務士、略して社労士と呼ばれていたりしますがこの資格を持っているとどういうことができるのでしょうか。社会保険労務士は人事、労務に関する専門家です。そのため企業の従業員が安心して働けるように、従業員の労働保険と社会保険の手続きを代行します。労働保険とは、労災保険と雇用保険のこと、社会保険とは厚生年金と健康保険のことです。これらの保険の書類の作成や手続きを行うことで企業経営をサポートします。企業にとって、社会保険の加入手続きなどは売上にはあまり関わらないことから、手続きにかかる時間を短縮して効率よく進めるためにも専門知識を持った社会保険労務士が重宝されます。

働き方、保険、年金の相談受けます

保険の手続き以外にも社会保険労務士には、コンサルティング業務があります。働き方改革によって働き方が多様化してきており、企業は変化を求められています。その影響で就業規則や賃金制度も見直しが必要となってきます。人事や労務関係の専門家として、アドバイスする需要が増えてきています。また少子化、高齢化により保険や年金についても相談を受けることが増えてくるでしょう。つまり、人事や労務管理についてアドバイスを通して企業経営をサポートします。社会保険労務士は国家資格です。難関試験ですが、受験者の多くは会社員や公務員でスキルアップを目指しています。人事部や総務部で活躍する人もいますし、経験を積んで独立開業をする人もいます。企業経営と従業員を支えるのが社会保険労務士です。

会社に不都合な内容にならないように、社会保険労務士の就業規則の作成では、労働基準法に抵触しない就業規則を作成します。