自動車保険はネットからが良い?ネットでの自動車保険加入のメリットとデメリット

ネットはダイレクト型なので代理店型よりも安い

自動車保険にはおおまかに代理店型とダイレクト型の2種類が存在します。代理店型というのは実際の店舗に来店し、店員と相談しながら保険に加入する方式になります。こちらは代理店に保険会社との仲介をしてもらう形になるため仲介料が発生し、やや割高になる特徴もありますが、店員が丁寧に説明してくれるメリットもあります。対してダイレクト型というのはインターネットなどを使って、ウェブ上に存在する保険会社の窓口から直接契約する形になります。間に代理店を挟まないため当然仲介料などは掛からず、基本的には代理店型よりも安くなるのが最大のメリットと言えるでしょう。基本的に保険料というのはなるべく安く済ませたいという人が多いため、近年ではネットの普及もありダイレクト型の人気が高くなっています。また保険の対応は保険会社がおこなうものであり、安くなるからと言って対応が遅くなったり質が悪くなるようなことはないため、純粋に安く済ませられるメリットを受けることができます。

自分に合った保険のコースを探すのに手間が必要

代理店が仲介料を取るのは、顧客の代わりに複雑な保険の内容を把握して適切なコースを選び出してくれる事に大きな比重があります。そのため代理店を使わないというのはこの複雑な保険のコースの中から自分に合った物を探す手間を、自分で行う必要が出てきます。保険会社側もなるべく分かりやすく情報を掲示してくれている事はありますがそこはあくまで様々な人に向けた物です。あなたにとっては不要な情報も大量にあるため、その中から必要な情報だけを拾い集めるのにはやや骨を折る必要があるかもしれません

事故や物損を運転手全員が起こすわけではありませんが、自動車保険の加入は必要です。もしものために加入しておくだけで運転手に安心を与えてくれます。