こうすれば良い!事業資金を選ぶときのコツを紹介

3社間取引で資金調達をしよう

売掛先の売掛金を保有している事業者は現金化をしてみましょう。ファクタリング会社というサービスを利用すれば売掛金を現金化することができます。メリットは融資を受けることなく事業資金を確保する事ができる部分です。基本的にファクタリングは融資ではなく売掛金の買取を行っています。手数料は取られますが安全にお金を確保できるので非常に便利です。ファクタリングを利用するときには2社間取引と3社間取引が利用できます。3社間取引は売掛金も入って相談をしながら売掛金を売ることが可能です。そのため売掛先とのトラブルも起こりにくく、今後の関係に傷が入ってしまう心配もありません。安全にファクタリングを利用するのなら3社間取引がおすすめです。

信用金庫は銀行よりも融資を受けやすい

銀行を利用して事業資金の融資を受けることもできます。メリットはノンバンク系の金融機関が行っているビジネスローンよりも金利が安い部分です。特に都市銀行や地方銀行は金利負担が非常に少なく設定されています。ただし審査がかなり厳しいのである程度実績のある企業しか利用できません。他に信用金庫というものがあります。こちらは同じ金融サービスですが若干違うので知っておきましょう。基本的に信用金庫は非営利で営業を行っているところです。地域の活性化をメインとして中小企業などに融資を行っています。そのため銀行よりも融資難易度が低く使いやすいでしょう。ちなみに会員になると特別低金利ローンというものも利用できるのでお得です。

事業資金とは事業をするにあたっての必要な経費の事で、飲食店の場合なら店舗物件や内装代や調理器具などの備品代が当てはまります。起業する場合、業種にもよりますが、ある程度のまとまったお金が必要です。